【アメリカ移住】ハワイの住みやすいところ・不便なところ

今回はハワイに実際住んでいて感じる住みやすい点、不便な点について。

ハワイに移住を考えている方や、予定がある方の参考になればいいです!


まずは、オアフ島に住んでいて不便だなと感じることから。


1. 輸送に時間がかかる&高い


ハワイは島のため、オンラインで買い物をしたり、アメリカ本土に荷物を送るには時間もお金もかかります。


アメリカ本土の大学に通っていた時に家族がハワイから小包を送ってくれたのですが、「中身より輸送費の方が高い」と文句を言われたり(笑)


ネットショッピングでも、即日配達してくれるブランドは皆無。

即日配達の説明欄には必ず「ハワイは対象外」という注意書きがあります😅


荷物到着の目安として、アマゾンのプライム会員で早くて1週間弱とかかな?

州によっては同日・翌日に届く場所もあるから羨ましい。


荷物が送られてくる途中で箱が行方不明になったり傷がついたりと、トラブルにも割と遭います。


ハワイに近い西海岸の集荷センターまで行ったけどそこから動かない、とかもあるある。


なので、誕生日プレゼントなどタイミングが大事な物をオンラインで買う時は、時間に余裕を持って1ヶ月ほど前から注文しておいています。


2. 家電修理に時間がかかる・時間が読めない


ハワイに来て初めの頃にトラブったのが、洗濯機の水漏れ。


部屋のカーペットまで水が溢れてしまったので、即座に修理屋さんに電話。

まずは故障の状況を見に来てもらったのですが、「必要な部品が手元にないから、修理できるのは来週か再来週かな!」と言われました(笑)


2週間洗濯機なしは辛い物がありましたが、仕方ないから手で洗ったり、知人の洗濯機をかりたりとなんとかやりくり😭


いざ修理に来てくれる、と思ったら「今日の午前10時〜午後4時の間に行きます」と言われ。時間がめちゃくちゃ大雑把😅


我が家の前に何軒かまわってくるので、それによって時間が変わると言われたのですが、ずっと自宅で待機しているのも大変でした…


他にも粗大ゴミを出す時など、業者さんを呼ぶと本当に何時にくるか割と読めないです。

日本の時間感覚でいると、ハワイのルーズさにはびっくりするかもしれません(笑)


3. 流行が入ってきにくい・お店が限られている


ハワイは本土から離れているせいか、流行っている物や最先端の商品が中々入手できないイメージ。


ニューヨークやロサンゼルスといった都心部で流行った物が、数ヶ月(時によっては数年)経ってからハワイに取り入れられるというケースがしばしば。


だからSNSで新商品や新感覚の物が載っていても、羨ましがるだけで終わる(笑)


最近はオンラインでなんでも買えるので、絶対欲しい!と思った物は大抵手に入りますが、郵送費が鬼のように高かったり、オンラインで売ってない物は諦めるしかないです😭


ハワイに進出しているブランドも限られていて、本土じゃないと買えない物もたくさん。


でも嬉しいことに、新しくハワイ店をオープンしているブランドもあるので、これから増えていってくれる事に期待しています!


最近だと、タピオカ屋さんのThe Alley、アパレルのMadewell、ファミレスのOlive Gardenがオープンしてました。


あとは、ハワイ地元のブランドでお買い物をしてローカルを応援するようにしています☺️

本土のブランドよりも愛を感じるし、地域貢献もできるのが嬉しい❤️

さて、ハワイは悪いところだけではありません!むしろ良いところの方が多い😍


1. 気候が穏やか


ハワイの夏の平均気温は29.4℃、冬は25.6℃。


カリフォルニアやラスベガスみたいに40℃近くまで上がる事もなく、暑い時でも30〜33℃とかかな?


空気がカラッとしているので、気温は高くてもとっても過ごしやすいです。

汗もすぐ乾くし、日本みたいに湿気の高い夏とは違って快適。


冬は天気が崩れたり、ハリケーンの季節でしょっちゅう雨が降りますが、ハリケーンが直撃した事はこれまでないです。


ハリケーン警報で学校が休みになった事もあるけど、結局何も起こりませんでした。


冬でも暑い日は30℃いくし、逆に25℃以下になると真冬!って感じ(笑)

それでも長袖1枚で乗り切れるので、冬服の出番もないです。


ハワイは本当に「南国」という言葉がぴったりの過ごしやすい気候に恵まれています☀️


2. 海が近い


ハワイに住んでいて良かったな〜と思うのが、海にすぐ行ける事。

週末に行くだけでなく、仕事終わりにちょっくら海辺でお散歩するのも簡単。


ホノルル市内でも10〜20分程運転したらどこかしらの海に着くので、軽いノリで行けます。


ハワイは娯楽施設が少ないけど、そこは海でカバー(笑)

行く場所に困ったらとりあえずビーチで美味しい物を食べてゴロゴロ。


それだけでめっちゃ幸せになれるので、海の癒し効果は最高です。


東京に住んでた頃は、海なんて1年に1回行くか行かないかぐらいで、全然親しみもなかったのですが、ハワイにきてから(特にロックダウン後)はとってもお世話になっています。


ちょっと新鮮味が欲しい時は遠出して西オアフやノースのビーチに行ってみたり。


ハワイには数えきれないくらいビーチがあって、それぞれ砂の質や波の高さが違ったりするので、新しいビーチを発見するのも楽しみ。


知る人ぞ知る的な場所もいっぱいあるので、探していて飽きません🙆‍♀️


3. 様々な文化に出会える


ハワイに引っ越してきて驚いたのが、文化・人種の多様性。


日本にいた頃は日本人以外の人と接する機会はほぼなく、ハーフの知り合いがたまにいたかな?という程度。


ハワイの高校に編入して、中国人、フィリピン人、韓国人、日本人、白人、ミクロネシア人…と様々な人種がいて、日本で育ったわたしには新鮮でした。


ハーフだけでなく、数種類の血が混ざっていたり、先祖の人種が多すぎて数えきれないという子もたくさんいました。


普段生活をしていても、ハワイの伝統やアジア各国、その他プランテーション時代から根付いている文化もちらほら見るので、興味深いし勉強にもなります🙆‍♀️


卒業式やお祝い事にレイを渡すのはハワイの文化


旧正月を祝うのは中国・アジア各国のしきたり


ローカルに人気の「ポルトギース・ビーン・スープ」はポルトガルからの移民によるレシピ


夏には盆踊りがあったり、クリスマスは米国らしく盛大に飾り付けしたり、と世界中の文化が混ざり合っています😂


それに比例して、レストランも各国の料理が揃っています。

ベトナムとかメキシコ料理って日本ではあんまり馴染みがなかったけど、ハワイにきて大好物に。


1箇所にこんなにたくさんの文化が共生している場所も珍しいんじゃないかな🤔


暮らしていて、いつも新しい文化について学んだり発見があるので楽しいですよ。

さて、ハワイに暮らしていて不便なところ・良かったところをご紹介しました!


日本の便利さに慣れていると、ハワイにきて不自由な事もあるかもしれません…

でも住めば都といいますが、だんだん気にならなくなってきます!


ハワイは住んで良かった!と思えるポイントの方が多いので、アメリカや海外に移住を考えている方はハワイも検討してみてくださいね🌊


Mahalo~

Mahalo for Visiting!

​感想やコメントなどお待ちしております :)

© 2023 by Train of Thoughts. Proudly created with Wix.com